Kota Hirakawa平川 恒太

  • Work No70, [Where Do We Come From? Where Are We Going? ]Seasons tetralogy- spring

    2013 アクリル、油 彩、キャンバス / 130.3×162cm

  • Work No70, [Where Do We Come From? Where Are We Going? ]Seasons tetralogy- summer

    2013 アクリル、油 彩、キャンバス / 130.3×162cm

  • Work No70, [Where Do We Come From? Where Are We Going? ]Seasons tetralogy- autumn

    2013 アクリル、油 彩、キャンバス / 130.3×162cm

  • Work No70, [Where Do We Come From? Where Are We Going? ]Seasons tetralogy- winter

    2013 アクリル、油 彩、キャンバス / 130.3×162cm

  • Trinitite- The Meeting of Gen.Yamashita and Gen.Percival

    2013 アクリル、油 彩、キャンバス / 180.7×225.5cm

    貸出、購入不可

  • Trinitite- Japanese Paratroops Descending on Palembang

    2013 アクリル、油 彩、キャンバス / 194.0×255.0cm

    貸出、購入不可

  • Trinitite- Final Fighting on Attu

    2013 アクリル、油 彩、キャンバス / 193.5×259.5cm

    貸出、購入不可

  • 作品番号66、どこから来たか、どこへ行く

    2012 アクリル、油 彩、キャンバス / 100×100cm

  • 作品番号42、どこから来たか、どこへ行く

    2011 アクリル、油 彩、キャンバス / 116.7×90.9cm

    貸出、購入不可

Kota Hirakawa平川 恒太

PROFILE

現在、時代を記録するメディアは無数に存在する。文章、音楽、映像、デザイン、写真など様々。しかし私は何よりも絵画が持つ記録の純粋性に惹かれている。人類は言語を持つ遥か以前から絵をコミュニケーションツールとして使い、時代を記録してきた。私は画家としての生活の中で取りこぼされてしまいそうな事柄を日々記録している。それらは過去、現在そして未来の道標になると私は確信している。近年、言葉遊びに思える言動が満盈する社会で私は益々その確信に至るのだ。
1987
高知県生まれ
2006
埼玉県立大宮光陵高等学校美術科 修了
2011
多摩美術大学 美術学部 絵画学科 油画専攻 卒業
2013
東京芸術大学 大学院 絵画専攻 修士課程 修了
-2015
State Academy of Fine Arts Stuttgart / Guest Student

主な個展

2016
「Between」 un petit GARAGE、東京
2014
「儚き絵画の夢」 Bambinart Gallery、東京
2014
「Trinitite-レキシノダンソウ、カイガノダンソウ」 丸ビル 7F、東京
2013
「Trinitite ―けいしょうされぬ記憶と形―」 Bambinart Gallery、東京
2013
「Trinitite-けいしょうされぬ記憶と形」 Bambinart Gallery、東京
2012
「ART FAIR TOKYO 2012」 東京国際フォーラム、東京
2011
「豊かな絵画と、豊かな世界」 Bambinart Gallery、東京
2011
「FOXのちから」 Bambinart Gallery、東京
2011
「ANA MEETS ART」 羽田空港ラウンジ、東京
2010
「The Neverending Story -Hirakawa Kota Solo Exhibition」 原爆の図 丸木美術館、埼玉
2009
「“人間、自然、社会” 平川恒太展」 GALLERY at lammfromm(企画 bambinart promotion)

主なグループ展

2016
Identity XII – Memorandum on Sublime  nca、東京
2016
VOLTA12-BASEL (ブース:MA2Gallery) 、バーゼル
2016
「劫後風景」 galerie nichido Taipei、台湾
2016
「絵の旅」 MA2 Gallery、恵比寿
2015
「はじまりは久米桂一郎から ─メディカル アート& イラストレーションの歴史と現在」 東京藝術大学美術学部絵画棟1F 大石膏室・アートスペース、東京
2015
「TERADA ART AWARD 2015 入選者展」 寺田倉庫 T-Art Gallery、東京
2015
「TOKYO art crossing Berlin」 NEUROTITAN GALLERY、ベルリン
2015
「Hirakawa Kota,Kaneko Saori Exhibition」  Lemoart、ベルリン
2015
「RUNDGANG 2015」 Staatliche Akademie der Bildenden Künste Stuttgart、シュトゥットガルト
2015
「美の予感 2015 ─平面、それぞれの場所─」 高島屋、全国巡回(東京、京都、大阪、横浜、新宿、名古屋)
2014
「VOCA展2014」 上野の森美術館、東京
2014
「Let’s Pink! 4」 gallery ラファイエット、沖縄
2013
「アートがあればII ─ 9人のコレクターによる個人コレクションの場合」 東京オペラシティ アートギャラリー、東京
2013
「トーキョーワンダーウォール公募2013入選作品展」 東京都現代美術館、東京
2013
「アートアワードトーキョー丸の内2013」 行幸地下ギャラリー、東京
2013
「東京、トウキョウ、TOKYO」 Bambinart Gallery、東京
2013
「損保ジャパン美術賞展 FACE2013」 損保ジャパン東郷青児美術館、東京
2012
「Keep A Breast TOKYO LOVE SHOW」 表参道ヒルズ、東京
2011
「THE COLOR OF FUTURE」 TURNER GALLERY、東京
2011
「アートが山をのぼること」 日蓮宗大本山清澄寺・釈迦寺、千葉
2011
「第2回、道徳展」 Art Center Ongoing、東京
2010
「ひとひと」 Bambinart Gallery、東京
2009
「道徳展」 Turner Gallery、東京
2009
「NEGAPOP展」 シンワアートミュージアム、東京
2009
「電車展」 山手線外回り二両目、東京
2008
「THE SIX」 代官山ヒルサイドテラス、東京
2008
「VIA ART」 シンワアートミュージアム、東京
2008
「Curriculum Vitae 2008」 ワダファインアーツ、東京
2008
「群馬青年ビエンナーレ」 群馬県立美術館、群馬
2008
「GEISAI ミュージアム#2」 東京ビッグサイト、東京
2008
「東京ワンダーシード2008」 ワンダーサイト渋谷、東京
2007
「THE SIX」 赤レンガ倉庫、神奈川
2007
「東京ワンダーシード2007」 ワンダーサイト渋谷、東京

主な受賞

2015
「TERRADA ART AWARD2015」 諏訪敦 賞
2013
「アートアワードトーキョー丸の内2013」 三菱地所賞
2013
「FACE2013 損保ジャパン美術賞展」 審査員特別賞
2012
「ターナーゴールデンコンペティション2012」 ゴールデン賞(グランプリ)
2011
「福沢一郎賞」
2009
「ターナーゴールデンコンペティション2009」 優秀賞
2008
「VIA ART2008」 EFD KURATA賞

その他

2013
スカラシップ 現代芸術振興財団
2013
パブリックコレクション 三菱地所(Trinitite- アッツ島玉砕)